BD第1巻封入特典・久弥直樹書き下ろしショートノベル 冒頭公開!

1月28日発売 特装限定版Blu-ray第1巻封入特典「SIDE STORY BOOK」に収録される久弥直樹さん書き下ろしショートノベルの冒頭を特別公開!

*******

『遠くのそらのした』

○○○○

 空に浮かぶ雲のように散らばった意識のかけらが、ゆっくりと風に運ばれて集まってくる。
 ぼんやりとして、あやふやだったものが、ひとつの風景へと移り変わっていく。
 私は、その中心でただ身を任せているだけ。
 ゆらゆらと、私自身が揺れている。規則正しく、息づかいを繰り返すみたいに。
 心地よくて、それなのに胸が締めつけられるように苦しい。
 いつの間にか、雲は私の周りに集まって、ひとつの風景を形作る。
「──?」
 私は、首をかしげる。かしげた、と思う。
 ここは、部屋の中。知らない場所。澄んだ空気は少し冷たくて、木々を思わせる自然の香りが、色濃く鼻をくすぐる。
 また、私の身体がゆっくりと揺れる。見覚えのない部屋が、上下に揺れている。揺れているのは私の小さな身体で、そんな私を温かな手が後ろから優しく包み込んでいた。
 歌が、聞こえてくる。
 大好きな歌。大切な歌。
 私のすぐ後ろに、大好きで大切な人がいる。
 私を抱きしめる温かく柔らかい手が、私の頭をそっと撫でた。
 私は──本当は嬉しいのに、どこか気恥ずかしくて、そのことを大好きな人に知られたくなくて、真っ直ぐに前を向いて、揺れる床に視線を落としていた。
 意地っ張りな私。
 今すぐにでも振り向きたいのに。
 優しい笑顔がすぐそばにあるのに。
 一緒に、歌いたいのに。
 上手だねって、褒めて欲しいのに。褒めて欲しいから、内緒でずっと教えて貰った歌の練習だってしているのに。
 そのときの小さな私はただ、ぎゅっと自分の服の裾を握るだけ。
 ほんの少しの勇気を出せば、振り返ることだってできる。そうすれば、すぐそばにある大好きな笑顔を見ることができる。
 私は、ありったけの思いを込めて、顔を上げる。
 振り子のように揺れる椅子に座っている、私の大好きな人。その膝の上にちょこんと座っている、小さな私。
 恥ずかしさも照れくささも押しのけて、私は後ろを振り向く。
 ──振り向いた、はずだった。
 だけど私の身体は、まるで水の中にあるように、自由に動くことができなかった。
 近くにあるはずの笑顔が、ずっとずっと遠くへ行ってしまうように感じて、私は自然と涙がこぼれていた。
 大切な人のことを、何度も何度も呼び続けた。
 それなのに、伝えたかった言葉はまるで水に溶けるように声にならない。
 ──どうして?
 私は戸惑い、必死に身体を動かそうとする。だけど、身体を動かそうとすればするほど、私の意思は手足に伝わらず、小さな私は今もまだ、揺れる床を見続けているだけ。
 やがて、すぐそばにあったはずの大好きな手が、温もりが、私から離れていく。
 歌も、いつの間にか聞こえなくなっていた。
 ──待って! まだお話ししたいこと、伝えたいこと、たくさんたくさんあるのに!
 揺れる心。再び風が吹く。
 集まっていた意識が、もう一度風に吹かれてちりぢりになっていく。
 空に散らばったそれは、もう雲ではなくなっていた。
 これは、そうだ──いつもあの場所で見ていた、夜空に浮かぶ星。
 そのとき、私はやっと気づいた。
 ううん。
 本当は最初から分かっていた。
 分かっていたのに、認めたくなかっただけ。
 今、私が見ているものは、見ていると思っていたものは──全部、夢なんだ。

*******

つづきは、Blu-ray第1巻封入特典「SIDE STORY BOOK」でお楽しみ下さい!

 

12/14(日)放送時間変更のお知らせ

12月14日(日)の第11話放送時間が変更となります。

■TOKYO MX
[変更前]22:30~ → [変更後]20:30~

■KBS京都
[変更前]23:00~ → [変更後]24:30~
※放送開始時間は24:30から更に最大90分遅延する可能性がございます。

■サンテレビ
[変更前]24:30~ → [変更後]25:45~

■テレビ北海道
[変更前]25:05~ → [変更後]26:06~